マニュアルの購入をご検討ならココ |

誰にも話せない苦しみを癒す!というか。以前に読んだ時と、感想は何ら変わりませんでした。かなり前に紛失してしまったので、再度購入しました。

こちらです!

2018年03月11日 ランキング上位商品↑

マニュアル完全自殺マニュアル [ 鶴見済 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

発売当初購入したのですが、大変印象に残っています。今から13年前に購入して読んだんですが!本が行方不明になり再購入しました。ですが様々な自殺方法(思いつかないものもありました)や薬物の致死量とかも少しですが記載されてますので!参考になるかもしれません。タイトルからして勘違いされている方もいるみたいですが・・・。この本の内容については、記述内容に若干古いところがあるそう(特に服毒自殺系)ですが、自殺の決行のためでなく、苦しいときのお守りとして価値があると思います。別に私は自殺したいわけでもなんでもなく、趣味の資料として、今回購入しました。著者の意図と読む人への強いメッセージが感じられます。読む側の気持ち一つだと思いますが!読んだからといって決して自殺を思いとどまるとは約束出来ません。生きるも死ぬもその人の勝手。そして事細かく、チェックポイントまで記載されてます。書かれている事は方法ですが!如何に愚かな行為で苦痛を伴い馬鹿げている行為かを真逆のメッセージが込められています。しかし、この本で紹介されている薬品の一部は、もうすでに市販されていませんし、これほど大量の薬を服用して死ぬのは困難かと思います。みんな様々な理由による結果として自殺に至ると思いますが!失敗した方の話や!失敗してどう思ったかなど!なかなか聞けない事が書いていたのも良かったです。二つの購入目的が有ります。オススメ出来ることに変わりはありません。自殺の仕方が詳細に書かれてあります。面白いとかつまらないとかでは無く、興味深い内容でした。あまりにも衝撃が大きかったからです。あと!医療者としての立場から!胃洗浄はきついですよ。成功しやすい!失敗しやすい。うつ病ですが、元気に頑張るために逆にこの本を購入しました。「死」と向合いたいだけの人が読んでも!本当に自殺を考えている人が読んでも面白いと思います。薬等方法が書かれていますがあくまで参考です。知人が持っていて興味本位で借りて読んだ本ですが今になって又!読み返したくなりました。18歳未満の方の購入はご遠慮下さい自殺に対して否定も肯定もせず!ただ単に自殺の方法だけを淡々と記載しています。迅速・丁寧なお店の対応も非常に好感がもてて安心・満足・信頼のできるお店です♪(^▽^*) トモダチのおすすめで買いました・・・自殺について坦々と書かれてますどちらかというと自殺はとんでもなく苦しいという内容死ぬということはそうあっさりとはいかないみたいですね。知らなかった情報がたくさん書いていて勉強になりました。生き辛くなった時!この本に救われる人もいるでしょう。薬品以外にも方法があるとは、知らなかったですね。ちなみに自分は前者です。まだ売っていたんですね…自殺のコストも一緒に購入しました。わからない方は、自殺イコール良くないこと、ありえないこと、迷惑なこと・・・なのでしょう。生きる希望がわいてくる本です。店頭には無い本です。個人的には読んで良かった本です。要はとても幸せな人生を送られているのでしょう。初版のブーム時代から2度目の購入です。読んだらわかります。愚かな行為で有る事を。苦痛!手間!見苦しさ!迷惑!致死度を5段回で表しています。その事が良く理解出来ます。データが古いことに関しては仕方がありませんが、薬物の致死量に一部、誤りがありますので、☆4つとさせて頂きました。しかも、自殺の実験者の事まで記載されているから驚きです。命は大切にして下さい。何年か前に友人から借りて読みました。自殺志願者のバイブル?とまで言われてますが、後先考える必要のない方には、この本だけでも十分満足できると思います。生きるために必要なバイブル的存在の本です。今も樹海で自殺した人々の手元によく落ちているのだとか・・・怖いものみたさも手伝って購入(リアル本屋さんでは買う勇気が・・・)。その昔、初版が出た頃、社会的に話題になったものの、なんだか怖くて今まで買ったことはありませんでした。コレ読めば死ぬ気にもなりません。これは生きるための本です。失敗した場合のデメリットの大きさ、死んだ後の状態など自殺方法別に書いてあります。人間は、簡単に死ぬ事は出来ません。楽に死ねる方法などないと思います。良きことです。死ぬためではなく、生きるための本だと思います。おいらの バイブルだ さいこうだ うれしいです昔はやったこの本。興味と事を起こしたい人、どちらでも読めば判るはずです。自殺自体周りに迷惑をかけることは必至ですが個人的には!逆にそれをいかに最小限にとどめ!どれぐらい残せるものがあるかそして!安楽に死ねるかということに重点を置いていたのでこの1冊では不足でした。